2019年9月1日日曜日

75歳になった日に...

私の誕生日にメッセージをくださったみなさんに
心から御礼を申し上げます。 
正直に言えば、
誕生日も「冥土の旅の一里塚」、素直に喜べなくなってきましたが、
こうして知己のみなさんに祝っていただけると
有り難いやら嬉しいやら懐かしいやらで元気が出ます。
ありがとうございました。

二ヶ月ほど前に認知機能検査と高齢者講習を受けて、
先週金曜日に運転免許証を更新しました。
半月ほど前に後期高齢者健康保険証が送られてきて、
今日から後期高齢者医療制度に加入しました。
次々と後期高齢者のレッテルを貼られて、苦笑しています。
私は、年齢など忘れて、老化など自覚せずに、癌にも負けないで、
「終生現役」と喚きながら、毎日元気に仕事をしているのに・・・

私は「高齢者」とか「後期高齢者」という言い方がキライです。
自分がこの歳になったから言うのではありません。
私は父から「長幼の序」を厳しく仕込まれました。
だから、テレビや新聞などで「高齢者問題」とか「高齢者対策」とか、
まるで高齢者が社会のお荷物でしかないような表現を目にすると
とても腹が立ちます。
先人、長老、お年寄り、ご隠居、先輩、・・・
敬愛の念を込めて接したいものです。

「百歳時代」だとか、「一億総活躍」だとか、バラ色の近未来を
謳っている政治家がいますが、いささか軽率ではありませんかねぇ?
現在でも病や生活苦と闘っているお年寄りが多い。
寿命が百歳まで延びるのならば、その寿命を幸せに全うできるように
社会の仕組みを整えなくてはなりません。それが政治家の仕事です。

愚痴はここまでにして、
後期高齢者となった私、一切の迷いを捨てて、さらに元気に、
生涯現役を目指すことを、あらためて宣言いたします。
  いよいよ死ぬるその時まで
  与えられし命愛おしみて
  一筋に生き抜くべし
みなさん、
引き続きご厚誼ご鞭撻をお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿