2020年4月26日日曜日

にっぽん市食堂



㈱にっぽん市の動画チャンネル「にっぽん市ちゃんねる」で
家庭料理のレシピをご紹介する「にっぽん市食堂」を開店しました。

料理も手作りなら動画も手作り、
我が社の代表・羽田夏子が生徒役、
私の奥さん・よしこさん(本邦初公開)が先生役、
私の孫・稀音家六泰介が音楽担当
撮影や編集も羽田夏子が担当します。

日本の家庭料理の美味しさ、温かさ、料理の楽しさなどを
ご笑味いただければ幸いです。
それと、動画にもレシピにも英語の翻訳が付いていますので
英語のお勉強にも役立ててください。

浜口家は母の食へのこだわりの所為でエンゲル係数が高い家でした。
母は典型的な「日本のお母さん」、専業主婦で口八丁手八丁、家事万端に勤勉な人でしたが、中でも、料理を作って、振る舞って、喜んでもらうのが大好きでした。
いつ何時お客さんが来てもいいように、食材を十分に準備しておくというのが信条で、我が家の三つの大型冷蔵庫は常に満杯状態でした。
実際、私の仕事柄、大人数の来客が頻繁だったのですが、母はこの時とばかり張り切って、料理でもてなしてくれました。
いま思えば、私の仕事を応援しようという気もあったのでしょう。
来客に不愉快な思いをさせてはいけない、人が寄りつかない家は栄えない、
というのが母の口癖でしたが、たくさんの人に料理を食べていただいて、おかげでたくさんのお友達に恵まれて、母はとても楽しそうでした。

私の家内のよしこさんは結婚当初は母の食へのこだわりにショックを受けたようですが、母はお構いなくよしこさんを鍛えました。
かなりキツかったと思いますが、よしこさんは自分の理屈や嗜好を抑えて、母に向き合ってくれました。
結婚して2、3年目の頃、初めて自力で作った茶碗蒸しを、母から「よくできた。合格ね」と褒められて、よしこさんが涙ぐんでいたのがいまでも目に浮かびます。

年を重ねて、よしこさんは母に並ぶ料理人になって、母の味を完璧に受け継ぐとともに、新しい味をたくさん開発しました。
母が亡くなって十年余りになりますが、いまでも「浜口家の味」は不滅です。
母とよしこさんが作ってくれた「浜口家の味」は私の最高の財産なのかもしれません。

よしこさんは勉強好きでやりたいことがたくさんあったようですが、浜口家の諸事情で、結局は専業主婦にならざるを得ませんでした。
そして、金婚式を過ぎて「金メダル専業主婦」になってくれました。
最近は少し暇が出来て退屈しているようなので、私は「浜口家の味」のレシピを纏めるように薦めていました。
よしこさんが「にっぽん市食堂」をやる気になってくれたことをとても喜んでいます。

ガンバレ!よしこさん。

2020年1月3日金曜日

我が家のおせち料理



娘が嫁ぎ、父が逝き、母が逝き、夫婦二人きりになって10年になる現在でも、我が家では家内が毎年のようにおせち料理を作る。
いまや、おせち料理でもてなさねばならない来客があるわけでもなく、元旦に娘一家がやって来て祝い膳を囲めば、それでおせち料理の役目は終わる。
この10年、家内は「おせち料理はやめてお正月は温泉にでも行きたいな」と言い続け、私も「それもいいねぇ」と応じるのだが、まだ一度も実現していない。
家内は私の母に料理を仕込まれた。
宮司家の一人娘に生まれ、神社の台所を切り盛りしてきた母の食への拘りは相当なもので、材料、調理、調味、何れにも妥協を許さなかった。
家内は母の厳しい仕込みに耐えて浜口家の味を受け継ぎ、さらに自らの工夫を重ねて、優れた料理人になった。
家庭料理のシェフとしてはこの上を望むべくもないと、私は大満足している。
その家内が母から受け継いだおせち料理が私は大好きである。
やっぱりこれがないと正月気分になれない。

私たち夫婦は結婚当初から両親と同居した。
開けっぴろげで直情派の母と控えめで慎重派の家内は、嫁と姑のお定まりの相克もあって、常に仲が良かったとは言えない。
それでも、長年苦楽を共にしてお互いの長所を認め、お互いを大切に思い、反りを合わせていった。
そして、私を大切にしてくれるという点では双方に遜色が無かった。
脳梗塞で要介護状態となった母は、10年以上、在宅で家内の献身的な介護を受けて2009年に87歳で逝った。

家内のおせち料理は今年も母直伝のままである。
大晦日の夜、私も仕上げを手伝った。味を確認して重箱へ詰めるのが私の仕事である。
ふたりで手を動かしながら自然と母の話になった。
母を懐かしむ家内の表情や声音に微塵の暗さもない。
私は母の思い出に浸りながら家内への感謝の気持ちを新たにした。
毎年こんなことを繰り返しているが、我が家のおせち料理には大切なものがいっぱい詰まっている。
家内はそんな私の気持ちを察して、おせち料理作りを続けてくれているのだと思う。

2019年9月1日日曜日

75歳になった日に...

私の誕生日にメッセージをくださったみなさんに
心から御礼を申し上げます。 
正直に言えば、
誕生日も「冥土の旅の一里塚」、素直に喜べなくなってきましたが、
こうして知己のみなさんに祝っていただけると
有り難いやら嬉しいやら懐かしいやらで元気が出ます。
ありがとうございました。

二ヶ月ほど前に認知機能検査と高齢者講習を受けて、
先週金曜日に運転免許証を更新しました。
半月ほど前に後期高齢者健康保険証が送られてきて、
今日から後期高齢者医療制度に加入しました。
次々と後期高齢者のレッテルを貼られて、苦笑しています。
私は、年齢など忘れて、老化など自覚せずに、癌にも負けないで、
「終生現役」と喚きながら、毎日元気に仕事をしているのに・・・

私は「高齢者」とか「後期高齢者」という言い方がキライです。
自分がこの歳になったから言うのではありません。
私は父から「長幼の序」を厳しく仕込まれました。
だから、テレビや新聞などで「高齢者問題」とか「高齢者対策」とか、
まるで高齢者が社会のお荷物でしかないような表現を目にすると
とても腹が立ちます。
先人、長老、お年寄り、ご隠居、先輩、・・・
敬愛の念を込めて接したいものです。

「百歳時代」だとか、「一億総活躍」だとか、バラ色の近未来を
謳っている政治家がいますが、いささか軽率ではありませんかねぇ?
現在でも病や生活苦と闘っているお年寄りが多い。
寿命が百歳まで延びるのならば、その寿命を幸せに全うできるように
社会の仕組みを整えなくてはなりません。それが政治家の仕事です。

愚痴はここまでにして、
後期高齢者となった私、一切の迷いを捨てて、さらに元気に、
生涯現役を目指すことを、あらためて宣言いたします。
  いよいよ死ぬるその時まで
  与えられし命愛おしみて
  一筋に生き抜くべし
みなさん、
引き続きご厚誼ご鞭撻をお願いいたします。

2019年8月9日金曜日

KLMオランダ航空との絆



BSフジ8月10日(土)夜7時放送のオールスター家族対抗歌合戦。
この番組とKLMオランダ航空の結びつきについて
インターネットテレビガイドが取り上げてくれました。
ご一読いただければ幸いです。

KLMオランダ航空と「家族対抗歌合戦」の変わらぬ絆。すべてはプロデューサーの情熱から始まった!

民放のテレビ番組のほとんどは広告主と広告媒体という関係で
スポンサー企業に支えられています。
特に、テレビの創始期から初期の頃には一社提供の番組も数多く、
当時のスポンサー企業は、視聴率が高ければ良いというだけではなく、
企業イメージを左右する番組の内容にも強くこだわりました。
ある意味では、スポンサー企業とテレビ局が協働して、
番組を開発し、育て、長らえさせたと言えます。
昭和47年以来のKLMオランダ航空とオールスター家族対抗歌合戦の
関係はその一例で、そこから生まれた交誼や信頼がこの番組の
30年振りの復活を支えてくれたことに私は感動しています。

KLMオランダ航空100周年 おめでとうございます。
長らくのご交誼に、心から感謝と御礼を申し上げます。

8月10日(土)夜7時 BSフジ「オールスター家族対抗歌合戦」
是非ともご覧ください。そして、
KLMオランダ航空100周年視聴者プレゼントにご応募ください。

KLMオランダ航空100周年『オールスター家族対抗歌合戦 令和元年!熱唱スペシャル!!』

2019年8月5日月曜日

8月10日 BSフジ「オールスター家族対抗歌合戦」


7月20日にBSフジ「オールスター家族対抗歌合戦」を収録しました。
今回は「令和元年!熱唱スペシャル!!」
6つの家族の「ほのぼの」をお届けします。
放送は8月10日(土) 夜7時〜9時です。是非ともご覧ください。

「オールスター家族対抗歌合戦」は
昭和47年に生まれて、平成28年に復活して、令和元年を迎えました。
めでたし、めでたし!
フジテレビが、今年、開局60周年、
BSフジが、来年、開局20周年、
めでたし、めでたし!
この番組の優勝チームには伝統の豪華賞品
KLMオランダ航空の「日本―アムステルダム往復航空券」
そのKLMオランダ航空が、今年、創立100周年。
めでたし、めでたし!
KLMオランダ航空100周年視聴者プレゼント、
番組を視て、キーワードを書いて、応募して、
当選したら・・・
めでたし、めでたし!
ついでに、私事ながら、結婚50年(金婚式)。
めでたし、めでたし!

めでたし!がいっぱいの「オールスター家族対抗歌合戦」を視て
令和元年をしあわせいっぱいの年にしてください。
冠スポンサーになってくださったKLMオランダ航空様、
ありがとうございました。
ご出演くださった皆様、
ありがとうございました。
スタジオに応援に来てくださった皆様、
ありがとうございました。
番組を支えてくださるすべての皆様、
ありがとうございます。

2019年7月28日日曜日

私の神様

田無神社社報・第23号に寄稿しました。



私の神様


私は終戦直後から3年ほどの幼少時代を母の実家である熊野速玉大社の宮司家で過ごしました。由緒ある熊野三山の神邑で神々の懐に抱かれて育ったようなものです。それにも拘わらず若い頃の私は、神様なんているはずがない、神様が助けてくれるなんてあり得ない、人間はすべて自力で生きなければならない、と思い込んでいました。しかし、努力が報われなかったり、重大な選択や決断を誤ったり、運不運を痛感したり・・・、自分の能力や努力の限界を思い知らされるような経験を積み重ねて、年齢とともに、「人間や世の中を支配する神様がいるのかもしれない」「助けてくれる神様がいてくれたらいいのに」と思うようになりました。実のところ、無信仰・無宗教だった私も無意識に「苦しい時の神頼み」を何度もしてきました。入試の発表の時、母が生きるか死ぬかの大手術をした時、娘が生まれる時、家内が健康を損ねた時、飛行機に乗る時、ゴルフやマ−ジャンでここ一発の時、いろいろなたくさんの場面で、自然に「かみさま」と呟き、手を合わせてきました。そして、ちょうど五十歳の時、人生に大きく躓いて苦境に立った私は初めて真剣に神様を求めました。

私が求めた神様には条件がありました。万人が否定できない存在であること、万人に対して公平であること、たとえば、古代に信仰の原点となった自然崇拝は私の神様の条件を満たすのですが、自然科学が発達した現代では自然の神秘性が薄れ、そこに神様を見つけることは難しくなりました。宗教も私の神様にはなり得ません。キリストもマホメットも釈迦も孔子も、万人に認められ、万人に公平で、万人を支配しているとは言えません。宗教の独善性や排他性、宗教同士の対立抗争など、二千年以上の史実が宗教の限界を証明しています。いまだに宗教が原因の紛争が止まないところを見ると、宗教は神様どころか悪魔になり果てたのかもしれません。

おぼろげながら私が見つけだした私の神様、それは歴史です。我々が現在に存在するのは過去の結果、過去のおかげです。我々は祖先たちの種の保存の継続によって生命を授かり、祖先たちの英知と努力が築いてきた文化・文明を継承し享受して現代に生きています。この事実は、現在の地球上の万人が認め、万人に公平です。私が「歴史が神様だ」と定義しても特に差し支えはないでしょう。私には自分が納得できる神様が必要なのであり、他人に私の神様を押し付ける気もないのですから。

現存する信仰の形態の中で私のこの考え方に沿ってくれそうなのが神道でした。私は神道に精通しているわけではありませんから偉そうなことは言えませんが、少なくとも、先祖崇拝が基本であること、特定の人間を教祖とする宗教ではないこと、教義や戒律がないこと、などが私の求める神様像に合致しました。遅ればせながら私は五十歳にして我が家に御神殿を設けて、以来二十五年、毎日「私の神様」に向き合う日々を過ごしています。浜口家代々のご先祖様も、最近神様になった父母も、私を見守っていてくれています。神棚に朝の挨拶をして「さぁ、今日も一日がんばろう」と気合いを入れます。就寝前には一日を振り返りながらクールダウンします。辛いときや苦しいときは神様に愚痴を聞いてもらいます。それだけでなんとなく落ち着き安らぎます。時々「神頼み」をしてしまいますがやっぱり神様は一切助けてくれません。「神様は万人に公平」ですから贔屓はしてくれないのです。神棚に向かって呟いたこと、願ったことはすべて自分に反射してくる。それを受け止めて、よく考えて、自分の行動の指針を自分で決める。これが私と私の神様との関係です。

私は、神道は宗教ではないと考えています。神様仏様と言いますが、本来、日本に於いては、神は仏の上位概念です。だからこそ仏教は至極簡単に日本に入って来ることができたのでしょう。日本が宗教に対して寛容な国であると言われる所以もここにあります。戦後のどさくさの中で神道は宗教にされてしまいましたが、日本が戦後を離脱して本来の日本に戻るためには、日本人の心の支柱として神道が再評価され地位を回復することが肝要だと考えています。


2019年5月26日日曜日

孫の名取式


5月24日、孫のTが長唄三味線の稀音家家元から稀音家六泰介の芸名を許され、
ご一門に加えていただきました。
現在中学三年生ですが、7年余のお稽古を経て何某かの可能性を認めていただき、
将来に向けて叱咤激励を頂戴したものと受け止めております。
これから、高校受験、大学受験、就職、大人への道を歩むTですが、ジジバカの私は、
「Tが二足の草鞋を履いてでも長唄三味線の道を極めて欲しい」と願っています。


現代の日本では総じて伝統芸能や伝統工芸など和の文化が衰退傾向にあります。
長唄などの三味線音楽も御多分に漏れずですが、私は、
日本が真に戦後を脱して本来の「美し国日本」となるために、
日本の伝統的文化が復活、興隆して欲しいと願っています。
伝統とは、古典をそのまま保存することではありません。
古典を基礎に現代を生きて未来に受け継がれるもの、それが伝統です。


三代目家元稀音家六四郎は明治時代に「長唄研精会」を創立して
当時の長唄界に新風を吹き込みました。
そのDNAを引き継ぐ六代目家元稀音家六四郎は三十代の新進気鋭、
これからの長唄界に再び新たな風を起こすことがおおいに期待されます。
そのお供として稀音家六泰介がお役に立つことを私は夢見ています。